メニュー
リモートアクセス リモートアクセス

SWANStor(スワンストア)とは?

スマートフォンやタブレットなど、多様なデバイスを利用して外出先から社内ネットワークにあるアプリケーションへアクセス!

SWANStorは社内業務サービスにアクセスする際に必要となる様々なセキュリティ機能を提供するセキュアリモートアクセスプラットフォームです。

SWANStor SWANStor

導入に際してはネットワークの知識は必要なく、またネットワークの設定を変更する事なく、
社内ネットワークにSWANStorを導入するだけで、安全なリモートアクセス環境が実現します。

SWANStor の構成図

SWANStor 導入時にネットワーク環境に設定変更が必要ないのは、
エリアビイジャパンが運用する共有 SWANStor Gateway を介して社内にアクセスするからです。

SWANStor構成図 SWANStor構成図

SWANBox

SWANBox SWANBox

特徴1 簡単導入、安心運用

SWANStorの導入には、難しいネットワークの知識は必要ありません。ネットワークの設定変更は不要で、社内にSWANStorを導入するだけで、リモートアクセスの環境を手に入れる事ができます。

ユーザーの認証情報、ログ情報、アクセス制御情報等、重要なデータはファイアーウォールに守られたお客様社内に保管されますので安全です。

また、インターネット上の共有中継サーバーにはお客様の情報は一切存在せず、エリアビイジャパンが24時間、365日の体制で死活監視を含めた運用を行うので、お客様は社内にあるSWANStor Serverだけ運用頂ければリモートアクセス環境を保持できます。

SWANStor導入運用 SWANStor導入運用 SWANStor導入運用

特徴2 選べる豊富なセキュリティオプション

リモートアクセスを導入するにあたり、認証方法等を検討する必要があります。

一口に認証と言ってもユーザー名、パスワードだけで良いのか、アクセスする本人を特定したいのか、それらを組み合わせたいのか、それぞれの企業で考えやポリシーが異なります。また、どれが一番良いのかまだ決めかねている場合もあるかもしれません。

SWANStorセキュリティオプション SWANStorセキュリティオプション

特徴3 高い汎用性

SWANStorはアプリケーションフリー、キャリアフリー、デバイスフリーです。

ウェブアプリ、クライアント・サーバーアプリを問わず、様々なアプリケーションに対応し、インターネット回線があれば通信キャリアを問わず、ご利用いただけます。

またフィーチャーフォンから、スマートフォンやタブレットを初めとする最新のデバイスにも対応し、今後もビジネススタイルの変革とともに登場するであろう様々なデバイスに対応していきます。

SWANStorアプリ SWANStorアプリ
テレワーク

様々な企業で労働力確保の目的でテレワークが導入され、各省庁から助成金制度も提供されています。

ワークライフバランスの実現やワークスタイルの変革が叫ばれる中、たとえ常時では無いにしろ在宅で仕事ができる環境を用意する事は企業戦略上重要になりつつあります。

SWANStorはそんなテレワーク環境を構築する用途でも数多く導入されています。

テレワーク テレワーク お問い合わせ
ページトップ